モンキーに警告

哺乳綱霊長目ヒト科チンパンジーがPCの設定とかを適当につづるブログです

クリックポストのラベル印刷に最適なプリンター比較


両面印刷 & 有線・無線LAN対応のレーザープリンターが実質8000円弱で買えるぞ!
brother A4 レーザープリンター HL-L2365DW

メーカー公式で5000円キャッシュバックキャンペーン中! レーザープリンタならインクの目詰りも無いし水濡れにも強いしトナーも安い! コンパクトだから場所もとらない! クリックポスト公式プリンターに認定! 今すぐ買え! 

 

 

 

クリックポストのラベル印刷にあたって、各メーカーの売れ筋プリンターを比較してみました。

 

また、宛名部分のみを印刷する場合のA6用紙設定と、なるべくインク消費を節約する設定も各メーカー毎に試してみました。よろしければ参考にして下さい。 

 

 

CANON PIXUS iP2700

4色カラー(ブラック&3色カラー)・背面給紙

  

キヤノン FINE カートリッジ BC-310 ブラック

キヤノン FINE カートリッジ BC-310 ブラック

 

価格.com - CANON PIXUS iP2700 価格比較

 

2007年発売のロングセラーモデルです。

とにかく価格が安いという点につきますが、手差し背面給紙なので用紙詰まりが起こりにくいというメリットもあります。ただしインクの値段は高めです。

 

各メーカー共通ですが、コントロールパネルのデバイスとプリンターのアイコンを右クリックし、印刷設定を表示します。 

 

CANONのプリンターは標準ではA6用紙がサポートされていないので、ユーザー定義用紙を選んでサイズを設定しておく必要があります。

  

クリックポストは白黒印刷でも発送可能なので、ユーティリティタブのンクカートリッジ設定で、使用するインクをブラックのみにすればインクコストを削減できます。

  

基本設定タブで色/濃度マニュアル調整にして濃度を薄くすれば、さらにインクの使用量を減らせます。

 

プリント機能のみでよければこの機種がベストだと思います。

  

CANON  PIXUS MG3530

4色カラー(ブラック&3色カラー)・前面給紙・自動両面印刷・無線LAN 

Canon キヤノン インクジェット複合機 PIXUS MG3530 BK

Canon キヤノン インクジェット複合機 PIXUS MG3530 BK

 

  

CANON FINEカートリッジ BC-340XL ブラック(大容量)

CANON FINEカートリッジ BC-340XL ブラック(大容量)

 

価格.com - CANON PIXUS MG3530 [ブラック] 価格比較

 

こちらはスキャナと無線LAN付きの複合機です。

設定は上記のip2700とほとんど変わりません。

  

EPSON  PX-105

4色独立インク・背面給紙・無線LAN  

EPSON A4ビジネスインクジェットプリンター PX-105

EPSON A4ビジネスインクジェットプリンター PX-105

 

  

EPSON 純正インクカートリッジ ICBK69L 大容量ブラック

EPSON 純正インクカートリッジ ICBK69L 大容量ブラック

 

 価格.com - EPSON ビジネスインクジェット PX-105 価格比較

 

EPSONの安価なビジネス用インクジェットプリンターです。

4色独立インクなので、ラベルをカラーで印刷してマゼンタだけが減っても個別に補充できます。また、全色顔料インクなので滲みにくい点も評価できます。

  

標準でA6用紙がサポートされています。グレースケール印刷も簡単に設定できます。

  

BROTHER PRIVIO  DCP-J952N-B

4色カラー(独立)・前面2段給紙・自動両面印刷・有線&無線LAN・ADF 

   

BROTHER インクカートリッジ 黒 LC111BK

BROTHER インクカートリッジ 黒 LC111BK

 

価格.com - ブラザー プリビオ DCP-J952N-B [黒] 価格比較

 

複合機を買うならこれがベストだと思います。 

1万円程度の価格ながらADFを搭載しているので、複数の文書のスキャン作業も捗ります。また、BROTHERのインクカートリッジは他社と比べると大きく、インクの持ちが良いです。

CANONEPSONに比べると印刷品質が劣ると言われていますが、文書メインで使うなら必要十分で、コストパフォーマンスも優れています。

  

拡張機能タブでモノクロ印刷設定が可能。さらにインク節約モードが標準で付いているのも嬉しいですね。

   

HP Photosmart 5521

4色カラー(ブラックのみ顔料)・前面給紙・自動両面印刷・無線LAN

   

HP178XLインクカートリッジ 黒 スリム増量

HP178XLインクカートリッジ 黒 スリム増量

 

価格.com - HP Photosmart 5521 CX049C#ABJ 価格比較

 

複合機としては最安。基本的な機能はひと通り揃えています。

 

設定画面から詳細設定ウィンドウを開くと、グレースケール印刷を指定できます。

  

CANON Satera LBP3100

Canon レーザープリンタ Satera LBP3100 A4モノクロ対応 A4モノクロ16ppm 給紙枚数250枚

Canon レーザープリンタ Satera LBP3100 A4モノクロ対応 A4モノクロ16ppm 給紙枚数250枚

 

  

CANON トナーカートリッジ312 純正/1870B003 CN-EP312J

CANON トナーカートリッジ312 純正/1870B003 CN-EP312J

 

価格.com - CANON Satera LBP3100 価格比較

 

レーザープリンターは文字がにじまずに鮮明に印刷されます。また、インクジェットのように起動時にノズル洗浄を行わないので、無駄なトナーが消費されないというメリットもあります。

クリックポストのラベルが雨に濡れるとコードが滲んで読み取れなくなり、返送される可能性もあるのですが、レーザープリンターならそのリスクが軽減されます。

  

CANONのインクジェット機と同じく、A6サイズが用意されていないので、ユーザー定義用として登録する必要があります。

 

印刷品質タブの詳細より、トナー濃度の調整が可能です。

 

 NEC  MultiWriter 5600C 

日本電気 A4カラーページ(LED)プリンタ MultiWriter 5600C PR-L5600C

日本電気 A4カラーページ(LED)プリンタ MultiWriter 5600C PR-L5600C

 

  

NEC PR-L5600C-19 大容量トナー ブラック(2,000枚) NE-TNL5600-19J

NEC PR-L5600C-19 大容量トナー ブラック(2,000枚) NE-TNL5600-19J

 

価格.com - NEC MultiWriter 5600C PR-L5600C 価格比較

 

私はこれの上位機種である5650Cを一時期使っていたのですが、インクジェットとは比較できないほど印刷結果が鮮明で驚いたものです。

また、この機種はカラーレーザーとしては極めて安価ですが、ドラム感光体の交換ができないため、耐用枚数が3万枚までとなっている点にご注意下さい。

  

やはり標準ではA6がサポートされておらず、ユーザー定義用紙で設定する必要があります。アイコンを右クリックしてプリンターのプロパティを開いて下さい。

 

 

初期設定タブからユーザー定義用紙を選びます。

 

 

サイズと名称を入力してOKをクリック。

 

 

プロパティを閉じて印刷設定を開くと、先ほど設定した原稿サイズが選べるようになっています。

カラーモードからは白黒印刷の設定ができます。

 

 

詳細設定タブを開くとトナー節約モードが選べます。

 

 

レーザープリンターはハガキなどの厚紙を印刷すると熱で反り返ってしまうのが難点ですが、普通紙やラベル印刷では問題ありません。 

 

オススメはやはり最初に紹介したCANON PIXUS iP2700でしょうか。純正インクが高価なので、詰め替えインクを使えば印刷コストを削減できます。

 

サンワサプライ 詰め替えインク BC-310用 INK-C310B60S

サンワサプライ 詰め替えインク BC-310用 INK-C310B60S

 

 非純正のインクを使うとメーカー保証が受けられなくなってしまいますが、故障を覚悟して使い捨てるつもりで使えばいいでしょう(資源の無駄ではありますが……)

 

なお、今回のプリンター比較は、メーカーサイトでスペックを確認、価格comやamazonの口コミを参照、そしてPCにドライバーをインストールして設定を確認したうえでのレビューです。つまり実機を使っていませんので、その辺を考慮した上で参考にして下さい。

 

チンパン雑記 

 

私は過去数台のプリンターを使用してきて、一時期は自宅にインクジェットが6台、業務用のレーザーが2台という訳のわからない状況になったものですが、それはさておき、最近のプリンターはモデルチェンジを重ねるに連れてどんどん使いにくくなっていると感じるのは私だけでは無いと思います。

 

手差し背面給紙の廃止。いちいち下部のカセットを開いて用紙を補充する必要があります。たまにA4印刷をするくらいならそれで十分ですが、当方はハガキや封筒を1000枚印刷することがザラにあるので、カセット給紙だと手間が倍増です。しかも用紙がU字にローリングして給紙されるので、紙詰まりが発生しやすくなっています。なぜ背面給紙を無くしたのか理解に苦しみます。

 

インク。誰もが感じていることでしょうが、微妙にサイズが小さくなって消費が早くなっています。各メーカーで「大容量サイズ」のインクを出していますが、どう考えても元々のサイズを大容量と銘打って販売しているだけですね。「小容量サイズ」と「標準サイズ」に変更すべきでしょう。

 

型番がわかりにくい。特にCANON。「MG5430」と「MG5530」という機種があり、普通は後者が後継機種で機能がグレードアップしていると思うでしょうが、解像度も印字速度もスペックダウンしています。どうやら「MG5430」の後継機種は「MG6530」だそうです。もはや何を基準にして型番を付けているのかユーザーにとっては意味不明です。

価格.com - CANON PIXUS MG5430 スペック・仕様

価格.com - CANON PIXUS MG5530 [ブラック] スペック・仕様

  

こんな馬鹿げた販売戦略がまかり通っているので、新品のプリンターは買わずに、以前の機種を中古で買って大切に使い続けた方がマシです。私が現在使っている機種の中古と最新機種の新品が同価格で売られていたら、迷わず現在使用している機種の中古を買います。それくらいプリンターとしての使い勝手が悪くなっているわけです。

 

私はCANON派ですが、歴代最高機種はPIXUS iP4100だと思っています。前面カセットと背面手差しのダブル給紙。インクの残量検知が光学式でインクカートリッジにICチップ無し。詰め替えインクを使えば恐ろしく安いコストで印刷できました(カラー年賀状1枚の印刷コストが1~2円くらい)

 

2004年発売の機種ですが、プリンターとしては必要十分、これで完成されていました。

 

あまりにも気に入って3台確保していたのですが、いずれも酷使したせいでお亡くなりになってしまいました。全く同じ仕様で再販してくれないですかね。複合機より高くても買いますよ。

 

 

 

クリックポスト関連記事一覧

クリックポストの宛名だけをA6用紙に印刷する方法

クリックポストの宛名をA4用紙に4件印刷する方法

クリックポストの印刷あれこれ

クリックポストの住所入力で半角と全角を簡単に切り替えるフリーソフト

クリックポストのラベル印刷に最適なプリンター比較